エクストレイルT32でブレーキを踏まずにエンジンスタートする方法

投稿日:


本日の人気記事BEST10

所要時間目安: 約 3

エクストレイルブレーキ踏まずにエンジンスタート方法のフットブレーキ配線色

メンテナンス

今や国産自動車メーカー車のみならず外車と言われるものも、ほとんどの車種にてエンジンプッシュスタート式になってきています。エンジン始動時に昔のように鍵(キー)を回すという動作がなくなってきています。もしかしたら、今後数年のうちに、車の鍵回しておいて。とか、キー指して回せばエンジンかかるよ。などという言葉が死語とかになってしまうのかもしれませんね・・・。

電気的にエンジンを指導させるプッシュ式エンジンスタートは、エンジンスタートさせる前に必ず行わなければならないことがあります。それは、フットブレーキを踏みながらエンジンスタートプッシュスイッチを押す。ということです。このブレーキを踏みながら。というのが一手間かかります。

特に、助手席に乗っていて待っている時など夏場に暑かったり冬場には寒かったりする時、鍵を回すだけではかかりません。また、プッシュ式エンジンスタートですとスタートスイッチだけ押してもエンジンはかかりません。



スポンサーリンク

目次

目次に戻る

そんな時に、ブレーキを踏まずにプッシュ式エンジンスタートボタンにてエンジンをかける方法です。

基本的に、電気的にブレーキを踏んでいるということを車に伝達しなければなりません。

その伝達方法が、ブレーキ配線において特定の配線をいい意味でショート(短絡)状態にさせることによって車のECU(Engine Control Unit)に認識させています。

そして、人が行った作業工程だなとしてプッシュ式エンジンスタートボタンを押すとエンジンがかかる仕組みになっています。

プッシュ式エンジンスタート車には、このブレーキを踏んだ状態を、一度認識させる必要があります。

今回はT32系のエクストレイルに限ってですが、基本的なことは同じです。

T32系エクストレイルにおいては以下のようにフットブレーキ配線色がなっています。

エクストレイルブレーキ踏まずにエンジンスタート方法のフットブレーキ配線色

 

このブレーキ配線の紫色と水色の配線の電圧を測ってみると12Vの電圧差があることがわかります。

そして、テスターにて測定しながらフットブレーキを踏み込むと電圧値が0Vになります。

電圧差がなくなったということは、短絡(ショート)状態になったということになります。

流れる電流(正確にはただ単に電流)は、ブレーキランプがハロゲンランプなのかLEDなのかによってかなりの消費電流値が異なります。

なので、この電流値の許容範囲のモーメントスイッチ(タクティカルスイッチ)を使用することが望ましいです。

ですが、エンジンスタートボタンを押す前の一瞬なのでスイッチはエーモン製品でも動作はします。

 

注意)

上記のスイッチはモーメンタリスイッチではないので、少し加工が必要になります。このまま使用すると発火や溶けてしまうこともあり得ると思うので必ずモーメントスイッチ(タクティカルスイッチ)化してください。

ただ、数式的(電気的)には許容オーバーなので基本はNGになります

自己責任でスイッチは選んでください。

許容範囲のスイッチとしては以下のようなスイッチがあります。

これなら許容電流が5Aなので、
心配ないと思われます。

 

とか、

デザイン的には以下のスタイルのスイッチも良いですね。(こちらは許容電流が1Aですので注意してください)

 

あとは、

ピボット(Pivot)のスロコン・クルコン取り付け時にオプション品としてスイッチのみでも大丈夫だと思います。

※ただ、こちらのPivotのスイッチは仕様の詳細がわかりません。ので許容電流などはメーカーに問い合わしてみてください。あくまで応用可能ということです。

 

 

配線としては、以下のようにセンターコンソール付近であれば助手席側に乗った人でも、このスイッチを押しながらプッシュ式エンジンスタートスイッチを押せば、車のエンジンがかかるようになります。

ハザードランプ増設スイッチ固定場所

これは、ハザードランプを増設した際と同じ写真になります。この辺りに同じく設置しました。(以下参照)

これは意外と便利です!!

是非是非、お試ししてみてください。
(※電気的に計算してからあくまで自己責任です。半年間このカスタマイズしていますが今の所問題はありません。)

なお、モーメントスイッチ化やハザードランプ増設方法は以下になります。

すべての車についているハザードランプです。しかし、すべての車のハザードランプスイッチは前面のインパネ部分についています。これでは背が高い人や運転席のシートを一番後ろにして運転する場
車のカスタマイズ(その他の電化製品などのDIY)には欠かせないスイッチです。スイッチにもいくつかの種類があります。その中でエーモンのプッシュスイッチを自動戻りスイッチに加工する方法

 

追記です)

スポンサーリンク

電装品なので一応許容量などを考慮すると以下のエーモン製品でコンパクトリレーを使うと許容量内には収めることができます。

エーモン製品5極コンパクトリレーNo.3234(新製品)

エーモン製品5極コンパクトリレーNo.1586(旧製品)

1配線は未接続になります。

-メンテナンス,

関連記事一部広告

スポンサーリンク

+ クリックで展開します

おすすめ!!

加圧シェイプで24時間無意識運動状態が可能!! 引き締め効果で魅力的なシルエットをサポート!! 運動している時だけでなく、仕事やプライベート就寝中にも!! 通気性がよく、体の動かしやすい伸縮性のある素材です!! 常に体が引き締まって、着心地いい!! 毎日着たい方用にセットも充実!!

女性必見のバストアップにおすすめ!!

マンガでの商品説明を販売ページに採用しています。 商品のメリットや良さが伝わりやすいです。 ★知名度と信頼度!ニュースアプリや芸能人ブログでも話題! (インスタグラム SmartNews yahoo アメーバ crooz 楽天) ●知名度が高く購入率の高い商品です。 ●ニュースサイトの紹介でも話題となり、有名タレント、モデル等にも使用して頂きブログなどでも紹介されている信頼度の高い商品です。 ●まとめ買いが多いのが特徴です。

関連記事

カオスバッテリー

メンテナンス

バッテリーおすすめはPanasonicカオスとそのレビュー評価

車のバッテリーは消耗品です。 他にも車を維持していくには消耗品が多数あります。 その1つであるバッテリーは意外と高いのですが、 昨今ではインターネットの普及でネットで購入する場合店頭価格のおおよそ1/・・・続きを読む

エクストレイルフットランプ取り付け

メンテナンス

エクストレイルのフットランプ、フットライト取り付け方法

NISSANエクストレイルは人気SUVですが、意外とTOYOTAのハリアーに比べると車内の高級感が若干劣り気味?な感じかもしれません。それを少しでも解消する為に今回はエクストレイルには純正ではフットラ・・・続きを読む

新しい

メンテナンス 伝えたいこと 備忘録 時事ネタ

新しい事を初める準備や片付けって意外と面倒で時間がかかる…。

なんでもそうですが、新たに新しいことを始める時に(家の配置替えや片付けや家電の買い替えやいろいろ)これまであったものを整理整頓して、新しいものを迎え入れたいと思います。 そんなこんなでこれまでにあった・・・続きを読む

LEDヘッドライトキャンセラー

メンテナンス

LEDヘッドライト点滅や切れたりする原因の1つにキャンセラー

ここ最近の車には、ヘッドライト・ヘッドランプにLEDが純正で使用されている車も多くなっています。 ロービームはLEDヘッドランプでもハイビームはハロゲンバブルによるランプの場合も多いです。 そこで、一・・・続きを読む

目次に戻る

よろしかったらシェアよろしくお願いします。



この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

WordPressデビュー津々浦々の
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

izumi

プロフィールページ詳細

はじめまして、izumiの旦那です。医療ミスにより長胸神経麻痺になってしまい若干の障害がありブログをさせていただいています。共同運営(しばらくは単独になると思います。)になりつつありますがよろしくお願いいたします。

Follow Me !

Copyright© WordPressデビュー津々浦々 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.