スポンサーリンク

jetpackの自動出力されるCSSを無効化で出力しないようにする方法

投稿日:

PREV
巻き爪を自分で治す方法の巻き爪ロボの評判と効果

スポンサーリンク


NEXT
Windows10サポート期間一覧表

本日の人気記事BEST10

所要時間目安: 約 1

まだデータがありません。

jetpackのCSS内容無効化

WordPress カスタマイズ 備忘録

WordPressの有名なプラグインはいくつかあります。そんな中のひとつで多機能(ある意味重い?)なプラグインでjetpackがあります。使っている機能は人それぞれかと思われますが、私はphotonと統計情報しか使っていません。(サイトダウン通知も)あとは新機能?のlazy load機能くらい。。。。

よく見るとjetpack独自のCSSが出力されているのがわかりました。

以下のようなCSS内容でした。

jetpackのCSS内容無効化



スポンサーリンク

ですので、以下にjetpackによる勝手に出力されるCSSを出力させない方法のコードを備忘録として残しておきたいと思います。

// remove jetpack frontend css
 add_filter( 'jetpack_implode_frontend_css', '__return_false' );

 

// remove jetpack frontend css
add_filter( 'jetpack_implode_frontend_css', '__return_false' );

 

これだけで、
jetpackによる勝手に出力されるかなりの量のCSSは出力されないようになります。

特に使わないしなぜ出力されているのか分かりませんでしたが、とりあえずfunctions.phpにコードを追記して出力させないようにしてみて何かサイト表示に影響があるのか否かを確認してみた所、サイト表示には影響がないようでした。

 

サイト表示高速化の一助になれば良いのですが。。。

やっぱり、サイト表示が遅いとどうしてもイライラしちゃいますからね。

不要なものは、
出来うる限り非表示や出力させないようにしたほうが良いですもんね。

本当に、
微力かもしれませんが・・・。

スポンサーリンク

最後に、

注意)

functions.phpをいじるので必ずバックアップをとってから上記のコードを追記してくださいね。

最悪真っ白になっちゃうのでorz。

そうなってしまった場合にはFTPツールでバックアップをしておいたfunctions.phpをサーバー側に上書きで復活しますので。(^・^)

-WordPress, カスタマイズ, 備忘録

おすすめ記事一部広告

スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

izumi

プロフィールページ詳細

はじめまして、izumiの旦那です。医療ミスにより長胸神経麻痺になってしまい若干の障害がありブログをさせていただいています。共同運営(しばらくは単独になると思います。)になりつつありますがよろしくお願いいたします。

Follow Me !

よろしかったらシェアよろしくお願いします。

+ クリックで展開します

おすすめ!!

加圧シェイプで24時間無意識運動状態が可能!! 引き締め効果で魅力的なシルエットをサポート!! 運動している時だけでなく、仕事やプライベート就寝中にも!! 通気性がよく、体の動かしやすい伸縮性のある素材です!! 常に体が引き締まって、着心地いい!! 毎日着たい方用にセットも充実!!

女性必見のバストアップにおすすめ!!

マンガでの商品説明を販売ページに採用しています。 商品のメリットや良さが伝わりやすいです。 ★知名度と信頼度!ニュースアプリや芸能人ブログでも話題! (インスタグラム SmartNews yahoo アメーバ crooz 楽天) ●知名度が高く購入率の高い商品です。 ●ニュースサイトの紹介でも話題となり、有名タレント、モデル等にも使用して頂きブログなどでも紹介されている信頼度の高い商品です。 ●まとめ買いが多いのが特徴です。



この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

WordPressデビュー津々浦々の
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!




Copyright© WordPressデビュー津々浦々 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.