スポンサーリンク

管理画面に最終更新日を追加し記事修正し易く並び替える方法

投稿日:

本日の人気記事BEST10

所要時間目安: 約 3


WordPress カスタマイズ 伝えたいこと 備忘録

WordPressのデフォルトの管理画面には、日付欄しかありません。

これはこれでいいのですが、例えば…。
過去記事のメンテナンスや見直しをしたい時の場合に最終更新日で記事の順序入れ替え(ソート)できたらいいなぁ。

なんて思いました。



スポンサーリンク

そこで、過去記事のメンテナンスをしやすくするように最終更新日を管理画面に追加して順序入れ替え(ソート)する方法です。

いきなりですが、解決方法から記載します。

以下のコードをfunction.php内に追記してください。

 

// 最終更新日を表示させてソートもさせる -------------------------------------------------------
 add_filter( 'manage_edit-post_columns', 'aco_last_modified_admin_column' );
 // Create the last modified column
 function aco_last_modified_admin_column( $columns ) {
 $columns['modified-last'] =__( '最終更新日', 'aco' );
 return $columns;
 }
 add_filter( 'manage_edit-post_sortable_columns', 'aco_sortable_last_modified_column' );
 // Allow that content to be sortable by modified time information
 function aco_sortable_last_modified_column( $columns ) {
 $columns['modified-last'] = 'modified';
 return $columns;
 }
 add_action( 'manage_posts_custom_column', 'aco_last_modified_admin_column_content', 10, 2 );
 // Format the output
 function aco_last_modified_admin_column_content( $column_name, $post_id ) {
 // Do not continue if this is not the modified column
 if ( 'modified-last' != $column_name )
 return;
 $modified_date = the_modified_date( 'Y年Md日Ag時i分' );
 $modified_author = get_the_modified_author();
 echo $modified_date;
 echo '<br>';
 echo '<strong>' . $modified_author . '</strong>';
 }

 

参照元記事)

WordPressの管理画面に「最終更新日」の項目を増やし、ソートで並び替えたい!

上記のコードをfunction.php内に追記するだけで、

管理画面に日付以外に「最終更新日」という項目が一番右側に追加表示されているはずです。

そしてさらに・・・・・。

最終更新日順に記事の入れ替え(ソート)が可能になっていると思います。

こんな感じになります。

 

WordPressの管理画面に最終更新日を追加した後

 

元々のWordPressのデフォルトの管理画面では以下のように「日付」しかありません。

 

WordPressの管理画面に最終更新日を追加する前

 

これを上記のコードを追記することで、
管理画面に「最終更新日」の項目を追加できて、
かつ、
最終更新日順に記事の入れ替え(ソート)ができるようになります。

ただ…。

上記コードですと、投稿者も表示されてしまうので私の場合には投稿者の表示は要らないので以下のようにすると、「最終更新日」のみの表示になります。

 

function last_modified_admin_column( $columns ) {
 $columns['modified-last'] =__( '最終更新日', 'aco' );
 return $columns;
 }
 add_filter( 'manage_edit-post_columns', 'last_modified_admin_column' );
 function sortable_last_modified_column( $columns ) {
 $columns['modified-last'] = 'modified';
 return $columns;
 }
 add_filter( 'manage_edit-post_sortable_columns', 'sortable_last_modified_column' );
 function last_modified_admin_column_content( $column_name, $post_id ) {
 if ( 'modified-last' != $column_name )
 return;
 $modified_date = the_modified_date( 'Y年Md日Ag時i分' );
 echo $modified_date;
 }
 add_action( 'manage_posts_custom_column', 'last_modified_admin_column_content', 10, 2 );

 

参考まで。

スポンサーリンク

まとめ。

 

新しい記事のみを書いていくのみであれば、
とくに必要性はないのかもしれませんが、過去記事の情報などは古くなってしまって現在では使えない情報や技術になっていることもあります。

そんな時には今回の最終更新日でソートして、過去記事の修正などをするのに手間もかからずに修正がすぐにできると思います。

また、SEO的にも良いのではと思われます。

是非、是非、過去記事のメンテナンスや修正の際にかなり便利かと思いますので、

もし、同じようなことで困っている方は試してみてください!!

-WordPress, カスタマイズ, 伝えたいこと, 備忘録

おすすめ記事一部広告

よろしかったらシェアよろしくお願いします。

スポンサーリンク




この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

WordPressデビュー津々浦々の
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!




Copyright© WordPressデビュー津々浦々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.