スポンサーリンク

記事の閲覧時間や所要時間の目安を表示する方法(今は需要ないかも…。)

投稿日:

本日の人気記事BEST10

所要時間目安: 約 2

所要時間表示閲覧時間表示

WordPress カスタマイズ 伝えたいこと 備忘録

以前は結構流行っていた「この記事は何分で読めます。」という閲覧所要時間表示と言うものがあります。

ユーザビリティの為に概ねの記事の文字数で「何分何秒」と表示させていたアレです。

しかし、最近ではそのナリをひそめてしまっている気がします。



スポンサーリンク

忘れない内に記事の閲覧所要時間(所要時間)を表示させる方法を残しておきたいと思います。

結構、簡単と言えば簡単なのですが…。

前提条件として、

人によって読む速度が異なりますので、600文字を1分程度かかって読むという計算式にての閲覧所要時間表示方法になります。

ということは…。

閲覧所要時間を算出するコードについてのロジックは単純で、
記事の文字数と読む速度(文字/分)から算出しています。

読む速度は、ざっとこんなもんだろうということで、600(文字/分)としています。読む速度は個人差がありますし、読む速度に影響するパラメータは他にもあるのですが、あくまで概算値の提供が目的なので複雑なことはしていません。

 

具体的にな方法です。

以下のコードをテンプレート.php内に追記します。

 

<?php
 $numchar = mb_strlen( strip_tags($post-> post_content), "UTF-8");
 $readtime = ceil($numchar/600);
 echo $readtime;
 ?>

 

この上記内にある600という数値を任意に変えることで、
上記の計算式は変更可能なので500にしたのであれば1分間に500文字の読むスピードにての閲覧時間表示(閲覧所要時間表示)になります。

 

※あまりにも長い閲覧所要時間が表示されると、( ̄◇ ̄;)エッそんなにかかっっちゃうの?とも思われ兼ねないので数値は適当に設定してみるのも良いかもしれませんね。

 

閲覧時間表示(閲覧所要時間表示)させたい任意部分(位置)に以下のコードを記載(追記)します。

 

<p class="meta_read_time">
 閲覧所要時間: 約
 <span class="ft14px">
 <?php
 $numchar = mb_strlen( strip_tags($post-> post_content), "UTF-8");
 $readtime = ceil($numchar/600);
 echo $readtime;
 ?>
 </span>
 分
 </p>

 

これで以下のような感じで表示されるようになります。

「閲覧所要時間: 約XX分」

と表示するコードです。

 

最後にCSSにて整形します。

 

p.meta_read_time {
 font-size: 12px;
 }
 .ft14px {
 font-size: 14px;
 font-weight: bold;
 }

 

上記CSSはフォントサイズをboldによって強調していますが、
今現在では通常表示程度の少し小さめのフォントサイズとboldによる強調は必要ないかもしれませんね。

=通常の大きさのみで充分かもれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今はナリをひそめている所要時間表示(閲覧時間表示)ですが、

今後また流行る?かも?しれませんので備忘録として一応残しておきました。

また、
今でももしかしたら需要があるのかもしれないと思いつつ記事にさせて頂きました。

ちょっとだけブログなどのエッセンスにいかがでしょうか?

表示例)

CSSでいろいろなデザインにすることは可能ですが、

上記のCSSですと無難な感じですが以下のようにも・・・・・・。

閲覧所要時間表示例

 

デザインはいろいろと試してみて自分で納得のいく感じのものに仕上げてみてください!!

-WordPress, カスタマイズ, 伝えたいこと, 備忘録

おすすめ記事一部広告

よろしかったらシェアよろしくお願いします。

スポンサーリンク




この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

WordPressデビュー津々浦々の
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!




Copyright© WordPressデビュー津々浦々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.