スポンサーリンク

人気記事ランキングに順位を付けてCSSで丸く表示する方法

投稿日:

本日の人気記事BEST10

所要時間目安: 約 3

人気記事ランキング表示

STINGER PLUS+ Stinger6 Stinger7 WordPress カスタマイズ 伝えたいこと 備忘録

多くのサイトやブログにおいて人気のある記事は異なると思います。

また、
人気記事をサイトやブログに表示しておくだけで訪れてくれた人にこのブログやサイトでの人気のある記事ランキングが分かるようになります。

そして、
回遊率のアップ=離脱率ダウンにつながります。



スポンサーリンク

そこでCSSで人気記事ランキングに順位表示をつける方法です。

はじめに前提として、
「WordPress Popular Posts」というプラグインを導入していることとします。

 

私のサイト・ブログでも記事の一番上に「本日の人気記事」というものを設置しています。

↑ のように、 個別記事のタイトルの上に「本日の人気記事」というものを表示する方法です。 WordPressにおいては、 WordPress Popula

これまでは、
ランキングの順位表示は要らないかなぁ。

なんて思っていましたが、重い腰を上げてやってみることにしました。

 

だって、
ただ単に「本日の人気記事」とあって10個(任意数)表示されていても、どれがいったい1番なのか分かりません。

普通は上から順番に1位、2位、3位・・・・・・。

と分かるかもしれませんが、
より分かりやすくする為です。

 

まずは、以下のCSSを記述して初期化します。

 

/* カウンターの初期化 */
 .wpp-list {
 counter-reset: wpp-ranking;
 }
 /* カウンターの値を表示 */
 .wpp-list li:before {
 content: counter(wpp-ranking, decimal);
 counter-increment: wpp-ranking;
 }

 

※順位の表示には疑似要素の「:before」、数値の制御には「counter」を使用しています。

これだけでも記事の左側に算用数字の番号が割り振られて、
順位表示はされます。

 

ランキング表示などに用いる数字は今回は算用数字にしていますが、他にもギリシャ文字や黒丸や白丸やローマ字などに変えることもできます。

以下参照して適宜変更してみてください。

list-style-typeプロパティは、リストの先頭に表示するマーカー文字の種類を指定する際に使用します。 閲覧環境により、本来の仕様の通りに表示されない値もあるので注意してください。

ですが、
見栄えがイマイチというか悪いのでスタイルを適用させて綺麗にします。

 

次に、表示した順位にスタイルを当てて綺麗に魅せるCSSです。

.wpp-list li {
 position: relative;
 list-style-type: none;
 padding-top: 5px;
 padding-left: 5px;
 }
 .wpp-list li:before {
 content: counter(wpp-ranking, decimal);
 counter-increment: wpp-ranking;
 background: rgba(107, 107, 107, 0.5);
 BORDER-RADIUS: 100%;
 color: #fff;
 font-size: 1px;
 line-height: 1;
 padding: 4px 8px;
 position: absolute;
 left: 0;
 /*top: 0;*/
 top: 8px;
 z-index: 1;
 }

 

上記CSSを記述すると、
人気記事のランキング左側の算用数字にスタイルが当てられてそれなりに綺麗に魅せることができます。(見えるようにすることができます。)

大文字の

BORDER-RADIUS: 100%;

はスタイルを丸くするものです。

以下記事と同様です。

えーっと…。 カスタマイズというものは、 やってもやってもどこか抜け目があってしまうというものなのか…。(´~`ヾ) ポリポリ・・・ 関連記事のイメージ画像を丸くする方

 

四角いままで良い方はコメントアウトするか削除してください。

四角いままですと以下のようになります。

 

人気記事ランキング四角表示

 

top: 0;をコメントアウトしているのは、(/*top :0;*/の部分です。)
私の場合は真左にランキングを配置したい為です。

左上に表示させたい場合はコメントアウトを外してください。

 

次に、トップ3だけ色分けしてみます。

  • 1位はピンク色、
  • 2位は黄色、
  • 3位はオレンジ色、

という感じです。

 

その1位から3位までの人気記事に上記の色を付けるCSSは以下になります。

 

.wpp-list li:nth-child(1):before {
 background: rgba(255, 88, 196, 0.9);
 BORDER-RADIUS: 100%;
 }
 .wpp-list li:nth-child(2):before {
 background: rgba(245, 171, 31, 0.9);
 BORDER-RADIUS: 100%;
 }
 .wpp-list li:nth-child(3):before {
 background: rgba(255, 121, 37, 0.9);
 BORDER-RADIUS: 100%;
 }

 

こちらも同じくBORDER-RADIUS: 100%;にて四角い角を丸くしています。

このままでも良いのですが、
記事のタイトルと重なってしまうのでタイトルがちょっと見えにくくなってしまいます。

人気記事ランキング丸く表示

なので、
人気記事のタイトルを少し右側によせてあげます。

スポンサーリンク

人気記事のタイトルと被らない程度に以下のCSSを追記します。

.wpp-post-title {
 padding-left: 18px;
 }

padding-leftのpx数はご自分のサイトやブログに合わせて適宜変更してみてください。

これで以下のように丸くてタイトルと被らず左上でもないランキング表示が可能になります。

人気記事ランキング表示

こんな感じになります。
よろしければ参考にして頂けると嬉しいです!(^-^)!

参考にさせていただいたサイト)

先日、このブログの記事ごとのアクセス数を確認したく、「自分用」にランキングページを作成したのですが、その際ナンバリングを今まで知らなかった方法で実装できたので、今回はそれを紹介したいなと思います。

-STINGER PLUS+, Stinger6, Stinger7, WordPress, カスタマイズ, 伝えたいこと, 備忘録

スポンサーリンク




この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

WordPressデビュー津々浦々の
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!



よろしかったらシェアよろしくお願いします。

Copyright© WordPressデビュー津々浦々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.