スポンサーリンク

ハンドルのセンターがズレている時の直し方タイロッドエンド調整による方法

投稿日:

本日の人気記事BEST10

所要時間目安: 約 2

TRDステアリングTOYOTA純正品

メンテナンス

ここ最近のハイブリッド車や電気自動車においては、ハンドル(ステアリング)を交換することなどは滅多にないかもしれません。

ですが、
個体差というものがあって新車だとしてもハンドルの真ん中の位置がズレてしまっている場合があります。

メーカーにおいても+-○mmまでは正常とするみたいな許容値があります。

なので、新車においても真っ直ぐには走りますがハンドルが若干右に傾いていたり左に傾いていたりすることがあります。



スポンサーリンク

具体的なハンドルがズレてしまっている場合の修正方法。直し方ですが、

ハンドルを取っての直す方法としては最近のハイブリッド車や電気自動車においてはよほどのことがない限り行わない方が良いです。

もし、
そのようなことにてハンドルのセンター位置合わせをする場合にはディーラーなどちゃんとした整備工場で実施してもらった方が良いです。

最近の車は多くの場合ハンドルの部分にスイッチ類やエアーバックなど多くの電装品が設置されている為安全性を確保する為です。

最悪の場合にはエアバックの爆発やスイッチ類のコードの断線などになります。

一昔前のエアバックのみ場合にはバッテリーのマイナス端子を外してからハンドルを取り外してセレーション(ネジ山)を1つズラしたりすることでハンドルのセンター位置を真ん中にして、

真っ直ぐ走るようにすることでサイドスリップやアライメントがズレることなく直す方法・直すことが出来ます。

サイドスリップというのは以下の画像のようなことで前輪の前側と後側の差を言います。

 

サイドスリップ画像

 

前側が短い場合にはトーインと言い、
逆に前側が長くて後側が短い場合はトーアウトと言います。

 

多くの場合、
社外品のハンドル・ステアリングなどに交換する場合に時折、このようなハンドルの真ん中がズレてしまう場合があります。

TOYOTAで言えばTRDステアリング

 

 

NISSANで言えばnismoステアリング

 

 

などです。

それでもハンドルのセンター位置が真ん中に合わない場合には、前輪の下側にあるタイロッエンド部分にあるロックナットをわずかに回すことで、ハンドルの真ん中の位置を修正するしかありません。

ハンドルが左に傾いていたりする場合には、

左側のタイロッドエンドのロックナットと右側のタイロッドエンドのロックナットを4分の1くらいハンドルが傾いている方へ、回します。

この時に大事なのが左右共に同じ分量だけ回すことです。

でないと真っ直ぐ走らなくなってしまいます。

回す分量はハンドルのズレている分によって異なりますが、

新車時にはそんなにズレていることはないと思われますので、3分の1まで回す必要はないと思います。

ちなみに、
タイロッドエンドのロックナットはかなりのトルクで締まっていて硬いです。

普通スパナなどでも緩まない場合も多々あります。(特に経年車。新車でもかなりトルクで締まっています。)

慣れている方などであればロックナットの山を舐めることなく回すことが出来るかもしれませんが、とっても良い工具があります。

それは、ロックナットの六角形部分に複数箇所で噛んでナットのネジ山を舐めることなくかなりの力をかけることができるKTCのタイロッドロックナットレンチです。

 

これは、何度も使っていますが、
本当にロックナットのネジ山を痛めることなく舐めることなく力を思いっきりかけることができるとっても有用な工具です。

これ使う前には何度もロックナットのネジ山を舐めてなくしてしまいそうになっていましたが、
使うようになってからは思いっきり力をかけても回らない時は回らないだけで、
ロックナットの方はびくともしないだけで済みますので本当にオススメの工具です。

 

まずは、少量の4分の1程度回してみてハンドルが真ん中になって且つ真っ直ぐ走るかのチェックをして、

それでもズレている場合には、

5分の1回してみてどうかというように、少しずつの調整をすることが大切であってポイントでもあります。

スポンサーリンク

最後に、一番重要なことを書き忘れてしまいましたが、

最も大切なことは、

タイロッドエンドのロックナットを調整する前に、
必ずはじめの位置を分りやすく白色の油性マジックなどで、マーキングしておくことです。

この作業を行わずにタイロッドエンドの調整をしてしまった場合で、
もしも、元に戻したい場合に戻せなくなってしまうからです。

調整がうまくいかなくハンドルの真ん中が合わない合わせられない場合には、元に位置に戻してディーラーや整備工場にてしっかりと調整してもらいましょう。

-メンテナンス,

スポンサーリンク




この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

WordPressデビュー津々浦々の
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!



よろしかったらシェアよろしくお願いします。

Copyright© WordPressデビュー津々浦々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.