スポンサーリンク

大和君発見良かった。尾木ママブログに批判殺到みたいだが…。

更新日:

本日の人気記事BEST10

所要時間目安: 約 4

尾木ママ

伝えたいこと 備忘録 時事ネタ

この1周間北海道の7才の男児の大和君が本日(6月3日)の早朝に無事に発見されました。良かった!!
しかし、
この発見される数日前に教育評論家で「ホンマでっかTV」などで有名になった尾木ママこと尾木直樹さん(教授)のブログに批判が殺到しているようです。

そのブログ記事が以下ですが、

なんてはっきりいってあり得ないこれは置き去りそのものが真実なのか失礼ながら疑いたくなってしまいます…それほどあり得ないことだと思います

たしかに、
おっしゃる事はわかります。

 



スポンサーリンク

 

目次

しかも、ここ数年では「子供の行方が分からなくなった」とかいう行方不明などの事件?などが多かったような気もしますし、実は親が犯人だった…。などということも悲しいかな現実で、何例かありましたからね…。

 

職場仲間でも以前に同じような?ことがあった時に、
実は親なんじゃない?などという憶測もあったりして、その憶測が当たってしまったという事もあったという事実もありました。
これは、実に悲しい現代社会の闇?を現しているようでなんとも痛ましい事件でもありましたし、そんな親って居るんだぁ。
とかなり悲しい思いにかられた記憶もまだ鮮明に残っています。

その後、尾木ママこと尾木直樹氏(教授)は以下のように見つかって良かった!!と新たにブログを更新されていらっしゃいます。

今朝見つかりました!!今元気で近くの民家に保護されているようです!!こんなにほっとしたことも珍しい!合同捜索本部解散のニュースに落ち込んでいた尾木ママ

 

これは尾木ママこと尾木直樹氏(教授)の本心であり本当に安堵したのだと思います。

しかし、インターネット上(ネット上)では批判もあるのも事実…。

このように有名な人物や社会に影響力のある方の発言としてはいかがなものか?という主旨による批判がほとんどです。
両者の言い分もわかりますが、
まずは大和君が無事に見つかり命に別状のなかったことが何よりも一番喜ばしいことです。

 

昔と違う現代社会における躾(しつけ)というものはどうあるべきか?

 

そんな課題に直面していらっしゃる親の方々も多いのではないでしょうか。
いや、多いと推測されます。

躾(しつけ)の為に、少し叱っただけでも虐待だ虐待だと言い切ってしまうような世の中の情勢もある意味いき過ぎな面もあるようにも思います。

ビートたけしさんも時折おっしゃっていますが、
昔は近所のおじさんおばさん、おじいさんおばあさんなどにも怒られたり、叱られたりしてゲンコツなどは、
ある意味日常茶飯事だったと…。

そんな時代もありました。

また、
運動部における指導でもビンタなどは当たり前という時代に育った人たちにとっては、
今の運動部で精神的にも社会的にも忍耐力など鍛えられるのかなぁ。
などと感じたりしないでもないです。

もちろん、暴力はいけません!!

暴力ではなく指導として捉えることってできないのでしょうかね…。
行き過ぎた指導という名の下の暴力は絶対に間違っていますが…。

そんな微妙なニュアンスの違いが分からない、理解できずに指導者という立場の立っている方が多いのでしょか…。

 

それとも、モンスターペアレントと言われる親が出現したことによって、教育の現場が萎縮してしまったことが要因なのでしょうか…。

 

どっちもどっちなのかもしれませんが、
私たちが学生だった頃は、
部活の練習中は「水は飲んではいけない。」「炭酸は飲むと疲れやすくなったり体力を消耗するから飲むな。」などということが言われていました。

しかし、
今は「熱中症対策も兼ねてですが、水分補給は積極的にするように。」と指導方針も変わっています。

炭酸飲料についても、
今では炭酸に含まれる二酸化炭素が「血管を拡張させて血流増加(血流アップ)して体力の回復を助ける・早める。」ので飲んでも差し支えないという科学的根拠に基づいたものになっています。

炭酸飲料については、言われるがままに真面目に飲まないでいましたが、
流石に水に関しては「きつい、特に夏の練習中にまったく何時間も水を飲まない。」なんてのを初めは素直の守っていたりもしましたが、
一度フラフラになり顔面蒼白状態になったことがありました。
(今思えば、おそらく軽度の熱中症だったのかもしれません。)

それからというもの、私を含め運動部のみんなに聞いた所、隠れて飲んでいるとのことでした。
(トイレに行った時などにこっそりとですが…。)

でも、そういうことは監督を始めコーチ陣も暗黙的に分かってはいたと思います。
だって、そういう指導者も自分たちがそのような経験をしていたから。(引退後のOB会などで聞きました。)

と話しがズレてしまいましたが…。

 

今回の北海道の大和君の件ですが、実は私もちょっとだけ尾木ママこと尾木直樹氏(教授)と同じような事が頭をよぎったりもしました。

 

もしかして、科学的ではないけれど「神隠し?」とか、口にはしませんでしたが「実は…。」みたいなことも…。

尾木ママこと尾木直樹氏(教授)の気持ちや思いはわかります。
ですが、これほど社会的に影響力のある方が以下のサイトに記載されているように本当に書いていたのなら…。

「教育評論家の発言とは思えない」「もう喋らない方が良い」――。北海道七飯町の山林で行方不明となっていた小学2年の男児(7)が2016年6月3日朝に発見されたことを受け、「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹氏に対するバッシングがネット上で過熱している。これまで尾木氏は、「(本当に置き去りなのか)疑いたくなってしまいます」「間違いなく逮捕される」などと親への批判をブログで繰り返していた。男児の発見後には「良かった!見つかりました!」と喜びを爆発させた尾木氏だが、ツイッターやネット掲示板には「両親への謝罪が先では」といった批判が殺到している。

 

でも、表現の自由というものがあります。そしてそれを奪う?ことはできません。

なので、
尾木ママこと尾木直樹氏(教授)は間違ったことはしていないのではないでしょうか。

ただ、両親への疑いの目はちょっと書くべきではなかったのかなぁ。と…。

事実が明らかなった後に、
「そういう感じがしてたのぉ。」

とか、

事実が明らかになった後にそういった思いを、公開・公表しても良かったのかなぁ。

そんなこんななちょっとだけ複雑な心境の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

ただ、最後に言えることは…。

 

今回の件の発端は7才の男児(子供)が両親が躾(しつけ)とされる行為を行う前の、
子供の行動にも目をお向けるべきだと思います。

車や周りに石を投げるといった行動を自分の子供がしたのなら、
それは間違いなく誤りであって親としては叱って当然のことです。

今回は6日間、7日間という長期間行方不明だったので命の危険すら想像されることだっただけにかなりの話題になりましたが、

まずは、
間違った子供の行動(の誤り)が発端だったことを忘れてはいけないと思います。

そして、子供はその行為・行動に対してしっかりと反省しているかどうかということも、
今後の社会の一員になっていくにあたって大切なのではないでしょうか。

それが、より良い社会に繋がっていく根本とも言えるような気もします。

 

以下は、
安堵したお父さんとの生電話動画です。

-伝えたいこと, 備忘録, 時事ネタ

おすすめ記事一部広告

スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

izu

プロフィールページ詳細

はじめまして、izuと申します。医療ミスにより長胸神経麻痺になってしまい若干の障害がありブログをさせていただいています。旦那との共同運営になりつつありますがよろしくお願いいたします。

Follow Me !

よろしかったらシェアよろしくお願いします。

+ クリックで展開します

おすすめ!!

加圧シェイプで24時間無意識運動状態が可能!! 引き締め効果で魅力的なシルエットをサポート!! 運動している時だけでなく、仕事やプライベート就寝中にも!! 通気性がよく、体の動かしやすい伸縮性のある素材です!! 常に体が引き締まって、着心地いい!! 毎日着たい方用にセットも充実!!

女性必見のバストアップにおすすめ!!

マンガでの商品説明を販売ページに採用しています。 商品のメリットや良さが伝わりやすいです。 ★知名度と信頼度!ニュースアプリや芸能人ブログでも話題! (インスタグラム SmartNews yahoo アメーバ crooz 楽天) ●知名度が高く購入率の高い商品です。 ●ニュースサイトの紹介でも話題となり、有名タレント、モデル等にも使用して頂きブログなどでも紹介されている信頼度の高い商品です。 ●まとめ買いが多いのが特徴です。



この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

WordPressデビュー津々浦々の
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!




Copyright© WordPressデビュー津々浦々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.