スポンサーリンク

マイクロプラスチック・マイクロビーズがつぶつぶ入り洗顔料や歯磨き粉に…。環境汚染も

更新日:

PREV
Bloggerブログhttps化に備える方法

スポンサーリンク


NEXT
LEDフォグBELLOF(ベロフ)ボールドレイネオ評価レビュー

本日の人気記事BEST10

所要時間目安: 約 2

つぶつぶ入りのスクラブ洗顔料

伝えたいこと 備忘録 時事ネタ

つぶつぶ入りのスクラブ洗顔料

画像出典元:5 Gyres

今年に入ってから、
インターネットニュースサイトやテレビのニュースなどでも報道されているマイクロプラスチック(もしくは、マイクロビーズ)というものがあります。

このマイクロプラスチック(マイクロビーズ)は、
私たちがよく使う洗顔フォームや歯磨き粉などでつぶつぶ(スクラブ)入りのものがあると思います。

ボディソープや歯磨き粉などにも含まれているものもありますね。

これらは、
プラスチックという人工的に作られた塩化ビニルによる加工品で自然界には元々なかったものです。

それを知ってか知らないかは別にして、
これらの商品を私たちが使うとなんとなく気持ちよくて汚れがより取れる(落ちる)感じがします。

しかし、
それらを流した後は下水として川を辿って海に辿り着きます。
(環境汚染と言われています。)

決して分解されることはありません。

そのマイクロプラスチック・マイクロビーズは名前の通りにマイクロと付くくらい小さな微粒子なので肉眼ではなかなか確認しにくいです。

そんな微粒子が海に流されてイワシなどの魚たちが餌と間違えて食べてしまっているようです。

プラスチック自体は人体に害はない(影響はない)と言われていますが、
微粒子となったマイクロプラスチック・マイクロビーズは時間をかけて海などの物質(有害物質を含む)吸着してしまいます。



スポンサーリンク

そのマイクロプラスチック・マイクロビーズをイワシなどの魚たちが食べてしまうことによって、魚の体内に蓄積されます。

そして、
私たち人間が魚や貝類など海の資源(生き物)を食べます。

俗に言う「食物連鎖」ですね。

その食物連鎖によって有害物質などを吸着したマイクロプラスチック・マイクロビーズを食べたイワシなどの魚や貝類を人間が食べるこちによって人体に何らかの影響が出るのではないかと注目されています。

とくにヨーロッパなどでは注目されているようです。

また、
昨年末の12月28日には、

「マイクロビーズ除去海域法」という法律がアメリカで決まりました。

 

米国である法律が成立した。バラク・オバマ米大統領が、「マイクロビーズ除去海域法」という法案に署名し、法律が成立したのである。これによって米国では2017年7月から、スクラブ洗顔やせっけん、歯磨き粉に入っているツブツブ(マイクロビーズ)が製造禁止になり、その1年後の2018年6月には販売が全面禁止になる。

 米国がマイクロビーズの使用を違法にすることにした背景には、この小さな粒子が環境に与える大きな悪影響がある。マイクロビーズの粒子は洗顔などの後に下水管を通って処分される。だが微粒子のために下水処理施設のフィルターなどを通り抜けてしまい、そのままの形で自然界に流されてしまうという。そして湖や池、海などに流れつくのだ。

このことにより、
上記引用部分にもある通り、
2017年7月には製造中止になりその約1年後には販売も禁止になります。

引用元)

クリームなどの一部には、いわゆる「マイクロビーズ」と呼ばれるプラスチックの粒子が使われている。その粒子が、実は非常に危険な物質であると指摘されているのだ。 そして今世界では

また、

そのマイクロプラスチック・マイクロビーズは海流によって滞ったりする所(場所)が概ね同じ場所に多くなるようです。

それが日本の太平洋側などにも多くある(存在する)ようなのです。

今日、日本テレビのニュースeveryでやっていました。

今年の初頭に書こうと思っていましたが、カスタマイズに四苦八苦したりしてなかなか残せませんでした…。
(単なる言い訳ですが(w_-; ウゥ・・)

その調査結果報告書は以下にあります。
(英語です。)

This paper “Plastics in Cosmetics” aims to provide input to the ongoing discussions on plastics in cosmetics and personal care products (PCCPs).
スポンサーリンク

昔あった公害と言えるのでしょうか…。

水銀中毒による水俣病…。
そして、
カドミウム中毒によるイタイイタイ病…。

他にも四日市ぜんそくなど。

(現在進行形かもしれません。当事者や不適切な言葉であれば修正削除します。)

人間は繰り返してしまうのでしょうか。

それとも、
その時は分からなかったけれ時間とともに分かってきた事でこれからの対策の課題というべきなのでしょうか…。

良い当てはまる言葉が見つかりませんが、
自然界の生態系や自然を壊したり人間の人体に有害なものは現代社会において無くしていかなくてはいけないものと言えるのは間違いありません。

日本でも今後の対応はどうすべきなのか考えなければなりませんね。

-伝えたいこと, 備忘録, 時事ネタ

おすすめ記事一部広告

よろしかったらシェアよろしくお願いします。

スポンサーリンク




この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

WordPressデビュー津々浦々の
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!




Copyright© WordPressデビュー津々浦々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.