スポンサーリンク

洗濯機乾燥機が乾かないのはなぜだったのか

更新日:

本日の人気記事BEST10

所要時間目安: 約 2

洗濯乾燥機修理

伝えたいこと 備忘録

洗濯乾燥機修理明細

ここ1週間くらいドラム式洗濯乾燥機での乾燥がうまく乾かなくなってきていました。

結果から言うと、
埃によるフィルターの詰まり(目詰まり)でもなく、奥側のフィルターの詰まり(目詰まり)でもなく…。

ヒートポンプの交換ということをしたのです。

ですが、

特にエラーもなくメーカーの修理屋さんはおおむね検討をつけて訪問してくれたようですが、
フィルターも綺麗だし回転数も正常だしヒートポンプもエラーはないとのことでした。

何かパネル操作でコマンドみたいな感じで専用の表示のされ方があるみたいでした。

我が家はパナソニック製のドラム式洗濯乾燥機を使用しているのですが、
何やらフィルターの目詰りが多いらしいです。

そこで、
夏にエラーが出たのでフィルターを歯ブラシでゴシゴシと綺麗にしたり、
中性洗剤で洗って綺麗にしていました。

また、その際に歯ブラシをドラム式洗濯乾燥機の中に落としてしまった際に、
奥側のフィルターも取り外しができる改良型のフィルターに交換してもらっています。

改良型フィルターの型番は、AXW2205-8DZ0(パナソニック製)です。

これにしたことによって、奥側のフィルターもパコッと簡単に取り外して表裏ともに掃除ができるようになりました。

ちなみにこんなのです。

洗濯乾燥機改良型フィルターAXW2205-8DZ0の画像

と前置きが長くなりましたが、



スポンサーリンク

原因として考えられるのは一度洗濯から乾燥までを自動でやった時に生乾きだったので、
洗濯物がちょっと多かったのかなと思い、

次にやる時は洗濯のみしてバスタオルやシーンズを取って中身を半分くらいにしてから乾燥機のみを動かしていました。

それがあまり良くないようで、
洗濯から乾燥まで自動で全部にした時と、洗濯のみの場合とでは何やら脱水する時間が違うようです。

洗濯乾燥機は、
始めに重さなどを自動で図ってどのくらい脱水したら良いのかを計算・考慮して脱水する時間を変えているようなのです。

なので、
洗濯と乾燥を別々に実施すると乾燥があまりできないとのことでした。

ちなみにヒートポンプっていうのは以下の写真のフィルター部分の右側にフィンがあってその右側の白いプラスチックのところです。

洗濯乾燥機修理

ということは使用者が使い方が悪かった??ということになっちゃうのかなぁ。

でも、
誰でもそういう使い方はすると思うんだけどなぁ。

なんて思いながら…。

メーカー保証は1年なので切れていますが、多くの家電量販店で延長保証サービスを実施しています。

スポンサーリンク

5年間の延長保証サービス中で購入してから3年が経っていたので特にエラーなどはなかったのですが、ヒートポンプというものを交換してくれました。

その後は、
使い方にも注意して使用していますが、
ヒートポンプを交換してもらったせいもあるのか乾燥機での乾燥が以前と同じようになりました。

(やっぱり、エラーが出てなくても回転数が正常でもヒートポンプの性能が経年劣化しちゃってたんじゃないの…。)

という感じでした。

メーカー保証は切れてしまったけれど家電量販店の延長保証サービス中の方は、
乾燥機での乾燥がうまく乾燥されないなどの場合は一度見てもらった方が良いよ思います。

以上、
我が家の洗濯乾燥機の乾燥ができなかった際の対処方法でした。

-伝えたいこと, 備忘録

おすすめ記事一部広告

スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

izu

はじめまして、izuと申します。医療ミスにより長胸神経麻痺になってしまい若干の障害がありブログをさせていただいています。旦那との共同運営になりつつありますがよろしくお願いいたします。

Follow Me !

よろしかったらシェアよろしくお願いします。



この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

WordPressデビュー津々浦々の
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!




Copyright© WordPressデビュー津々浦々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.