スポンサーリンク

ノートPCファンの異音でLIFEBOOKAH77/E分解

更新日:

PREV
Yahoo!20周年特別サイト開設

スポンサーリンク


NEXT
YouTube動画編集中が終わらない場合の対処方法

本日の人気記事BEST10

所要時間目安: 約 3

ノートパソコン分解後のファン

PC カスタマイズ 伝えたいこと 備忘録

ノートパソコン分解後のファン

富士通製ノートPCで発売当初からブルーレイドライブ対応でかなりの高スペックノートPCだったLIFEBOOK AH77/Eです。

メモリの増設とHDDをハイブリッドHDD(SSHD)に換装はしましたが、
いまだにその高スペックぶりは健在です。

また、
昨今話題のWindows10へのアップグレードも問題なく行えました。

しかし、
ここ数ヶ月ノートPC内からカラカラというのか何か異音がしはじめました。

ファンの回転と同時に異音がしてきたりしてこなかったり…。
そんな状況です。

多くの方はパソコンは長年使用すると思います。 そんな中、 カラカラとかガラガラという異音がする時があると思います。とはじめに異音の原因を解決するおすすめな方法がエアダスターによる埃

そこで、
ノートPCを分解してノートPC内の清掃をしてみようかと思い立ったのであります。

分解しがてら、
埃などがほとんど溜まっていなかっとしてもファンの型番の確認は可能になります。

なので、
もしファン自体が寿命?的な感じだとしたら、
同じ型番のものを購入してファンを交換してしまおうという考えです。

ということで、
早速分解作業に入ります。



スポンサーリンク

まず、
準備しておくものです。

  • プラスドライバー小さめ1本
  • 精密機器用:精密ドライバーも1本(時計用とも言う。)
  • エアダスター3本(最低でも2本)
  • アルコール綿
  • ウェットティッシュ
  • ビニール手袋
  • ラジオペンチもしくはドゲ抜き(毛抜き)

くらいは最低限用意しておいた方がいいものです。

 

あとは、
小さいマイナスドライバーがあれば裏側のネジを外した後にカバーを外す際楽に外せますが、
なくても手で何とかはなります。

まずは、
本体裏側からです。

 

ノートパソコン裏側

画像の赤枠部分はHDDが入っている部分です。

赤い文字がある背部がメモリ部分です。

裏側のネジを全て外します。
(バッテリーを外して中に3本とHDDカバーを外してHDDを外すのに1本あるので、
合計22本だったはずです。)

ネジを全部外すと裏側のカバーが若干フリーな状態になります。

プラスチックカバーなので、
爪などで少しの引っかかりをうまく外せば外れます。

この時にUSB3.0ポート、カードリーダー、HDMI端子などの外部ポート部分に気をつけます。

わりと簡単にパカッと外れます。

ノートパソコン裏側のカバーが外れた画像が以下になります。

ノートパソコン分解後内部マザーボード

すでに、
HDDは外してあります。

右上にファンがあります。
その上に空冷の排気口とヒートシンクに繋がる部分があるのがわかると思います。

ここまでくればあとは簡単です。

ただ注意点として、ファンのコネクタを外す際に引っ張り過ぎるとマザーボードのメスごと外れて壊れてしまうので慎重にコネクタを外します。

指でも外せますが、
多くの方はラジオペンチを用いるようです。

今回私は、
ラジオペンチだと大きいのでとげ抜き(毛抜き)を使いました。

毛抜き

基本、まっすぐ垂直に引っ張れば抜けます。

(くれぐれもマザーボード側のメスごと引っ張らないように注意です。)

このコネクタを抜くのに、
結構時間をかけてしまいました。(・_・;

その後でもコネクタを外す前でもいいのですが、
ファンを固定しているネジを外します。

すると、
ファンはフリーな状態になります。

ファンの裏側に精密ドライバーのプラスネジがあるので、
上記で用意した精密ドライバーにて2本外します。

外すとファン単体になるので、
エアダスターで汚れや埃を吹き飛ばします。

あとは、
綿棒とウェットティッシュなどで細かい所を綺麗にします。

ウェットティッシュのみだと拭きムラができてしまうので、
最後にアルコール綿で拭くとより綺麗になります。

ファンを外したことによりその上部にあるヒートシンクの排気口も露出するので、
エアダスターでプシューと綺麗にします。

最悪、
ヒートシンクの排気口部分は単なる金属なので気になる方は水洗いをして充分に乾燥させても大丈夫です。
(この場合は、ヒートシンクも外しての作業になります。)

今回私はしませんでした。
意外と綺麗だったので…。

 

せっかく基盤まで見える状態にしたので、
全体的にエアダスターを吹きかけて基盤の見えない埃や汚れも吹き飛ばしておきましょう。

あとは、
逆の手順でネジを締めていってHDDを取り付け直してカバーをはめて内部の清掃・掃除は完了です。

この時にはじめに記したように、
ファンに異音が直らなかった場合に備えて型番をメモしておきます。

ちなみに、
ファンの型番はKDB05105HBでした。

布団の上などでパソコンを使用していなかったので比較的綺麗でした。

なので、
異音が直るかどうか心配でしたが無事直りました。

ちょっとだけ、
振動みたいな感じの時もありますが今度異音が出た際には、
型番はわかったので同じ型番のものを新規購入してファン自体を交換しようと思います。

 

今度は、
CPUのグリスも塗り直したいなぁと思っています。

純正、メーカー製の場合はCPUグリスは概ねシリコングリスなので、
より熱伝導の良いシルバーグリスにしたいと思います。

CPUグリスのグレードとしては、

  1. シルバーグリス
  2. セラミックグリス
  3. シリコングリス

と、
シリコングリスが一番熱伝導率が良くないです。

 

スポンサーリンク

おすすめのシルバーグリスは型番がAK-450-SSというものです。

これは熱伝導率が9.24W/m℃とシリコングリスの9倍くらいあります。

シルバーグリスの中でも良い方です。

また、
1回しか使わないのに3gとか必要ないので良いもので少量(1.5g)が良いところです。

(まぁ、それでも余りますが…。)

 

また異音が出た時には、
ファンの交換と一緒にCPUグリスの塗り直しもしようと思います。

以上、
ノートパソコンを分解して内部の清掃方法でした。

なんか異音がするなぁと思っている方は、
まずは埃を除去してみてどうかを試してみると良いと思います。

-PC, カスタマイズ, 伝えたいこと, 備忘録
-, , , ,

おすすめ記事一部広告

スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

izu

はじめまして、izuと申します。医療ミスにより長胸神経麻痺になってしまい若干の障害がありブログをさせていただいています。旦那との共同運営になりつつありますがよろしくお願いいたします。

Follow Me !

よろしかったらシェアよろしくお願いします。



この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

WordPressデビュー津々浦々の
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!




Copyright© WordPressデビュー津々浦々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.