スポンサーリンク

webフォントの使い方GoogleFontは遅い所か早い

投稿日:

本日の人気記事BEST10

所要時間目安: 約 2

GoogleFont

Stinger6 WordPress

GoogleFontスクショ

 

ブログやホームページを運営していくにあたり時折他のPCで自分のブログやホームページを表示した所、
自分のPCでの文字表示(フォント)が異なってしまいデザイン自体が崩れたりしました。

しかし、
現在ではwebフォントは出た当初より遅くはないです。

特にgoogle webフォントは非常に早いです。

 

そこで、
当ブログでもwebフォントを使用してみました。



スポンサーリンク

これで、

使用しているPCにインストールされているフォントに依存することなく、
自分のPCで表示確認した際と同じように表示されることになります。

 

で導入方法・使用方法・使い方ですが、

 

導入方法は、
以下の3段階でおおむね可能(終了)で簡単です。

おそらく5分くらいでできます。
(人にもよりますが…。)

 

  1. Google Fontsでフォントを選択する
  2. CSSを追加する
  3. font-familyで適用する

 

まずは、上記GoogleFontのサイトへアクセスします。

その後いくつかあるwebフォント(GoogleFont)の中で気に入ったものを選びます。

 

GoogleFont

 

上記画像のようになるので、
赤枠内に自分が決めているならそこにwebフォント名を入力して選択します。

決めていない場合は、
じっくりといろいろ見て決めると良いと思います。

 

私は、
Linuxの派生ubuntuで有名なフォントを選びました。

 

その後、webフォントを決めたら以下画像の赤枠内をクリックします。

 

GoogleFont選択

 

そうすると、
次に以下の画像のような画面に推移します。

 

GoogleFont選択ubuntu

ここでも自分の好みに合ったフォントスタイルをチェックします。

 

次に、
下の方にスクロールして「3」の部分で「@import」という所をクリックします。

 

GoogleFont選択import

 

ここの@importに表示されたコードを自分のスタイルシート(CSS)の一番上の部分に記述します。

 

次に、
さらに下にスクロールして「4」という部分にてCSSを記述します。

 

GoogleFontのCSS

 

こんな感じです。

GoogleFontをCSSに記述

具体的には、

以下のようにコードを記述します。

 

@import url(https://fonts.googleapis.com/css?family=Ubuntu);
* {
 font-family: 'Ubuntu', sans-serif;
 }

 

テーマに@importがある場合はその直下に記述します。

 

以上で、
webフォントの導入が完了です。

 

これで、
PCにインストールされているフォントに依存することなく自分のブログやホームページが表示されるようになります。

 

最後に、

スポンサーリンク

ところでwebフォントって何?とい話しですが…。

 

Google Fontsとは、
Googleが提供している商用利用可能な無料のWebフォントです。

そもそもwebフォントとは?

 

元来、Webブラウザは端末にインストールされているフォントを呼び出し文字を表示する。端末のフォント如何では、Webデザイナーが意図しないWeb表示がなされてしまい、またフォントに関するWebデザインに制約が生じてしまう。フォントを画像にして表示するという手はあったが、文章修正のメンテナンス、文章の検索といった点で問題がある。そこでWebサーバー上にフォントファイルを置き、Webデザイナーの意図するフォントを表示できるようにした技術がWebフォントである。またはWebサーバー上に置かれるフォント自体をWebフォントと指し、フォントをWebで利用するよう提供するサービスをWebフォントサービスとして区別する。
日本語はひらがな、カタカナ、特に漢字が膨大な数であり、Webフォントのダウンロード量など、英語や欧文と比較して課題がある。例として2010年にサービスを開始したGoogle Web Fontsでは日本語は提供されていない[1][2](2013年現在)。しかし2010年、2011年頃から日本語に対応したWebフォントサービスが開設されている

引用元)

WebフォントはWWW上からフォントを表示する技術である。HTMLにおけるフォントのダウンロードはCSS3.0 fonts moduleにて内包された。

-Stinger6, WordPress
-

おすすめ記事一部広告

スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

izu

はじめまして、izuと申します。医療ミスにより長胸神経麻痺になってしまい若干の障害がありブログをさせていただいています。旦那との共同運営になりつつありますがよろしくお願いいたします。

Follow Me !

よろしかったらシェアよろしくお願いします。



この記事が良かったら
いいね!お願いします(#^.^#)

WordPressデビュー津々浦々の
最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!




Copyright© WordPressデビュー津々浦々 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.